札幌インタビューマガジン   SIM

vol.24 表紙

各コンテンツ紹介

インタビュー

南参インタビュー

シリーズ

GIGANT RGB

カバラ崎先生講義記録

レビュー

SIM映画レビュー

イベント

北海道インディペント
映像フェスティバル

追悼のざわめき

 

スタッフ・寄稿者

メールマガジン購読・解除

BACKNUMBER

カバラ崎先生講義記録

カバラ崎先生講義記録第20回
『老いという快楽〜『衰え』の現象学的再解釈をめぐって』
ミョンモー国立福祉学院医学部特別養護老人施設『フロントラインの楽園』にて講演


…ふう。一時はどうなる事かと。
そんなわけで、講演の続きは急遽こちらの避難シェルター内で行わせていただくこととなりました。

皆さん、職務を放棄しての避難、大変お疲れ様でした。
でも、ご老人がいなくなってしまいました。しかたありませんね。皆さんは未来のご老人。そのつもりでお聞きください。
さて。残念ながらご老人がみな爆発に巻き込まれてしまいましたので、先ほどお話した『加齢ダビッドソン』は一人も生き残っておりません。
実演を伴わずにお話しできるものと言えば、次にあげる技術しかございませんので、ご了承ください。
老化とともに肉体は独特のにおいを発します。
これが、加齢臭とよばれるものですね。これは、代謝の低下に伴って老廃物がバクテリアに分解されて生まれる体臭です。
この匂いを細かく分析してみると、面白いことがわかってきました。
脂質・タンパク質、そして細菌による分解物。この3つが奇跡的なバランスを保ってあの独自のにおいを生み出しているのです。
そして、この匂いに特別な興味を示す生物がいることも分かっています。
サバンナの掃除屋、ハイエナです。
ハイエナは、タンパク質が分解されたにおいをたどって、食事にありつくという行動パターンを持っています。言い換えれば、老人は、ハイエナを体臭で手なずける特殊能力を持っている、と言えるわけです。
われわれは、独居老人の心を満たすため、ハイエナの遺伝子を操作してより小型に、より従順に改良したあらたなペットを生み出すことに成功しました。
それがこの、『アンビエントハイエナ』です。

かわいらしい容姿に加え、ハイエナの用心深さ・線の細さが相まり、新たな愛玩動物として人気を博しています。
加齢臭を持つものにしかなつかないため、若い方々には手の届かないペットでしたが、最近になって、加齢臭をあしらった香水『枯山水』が発売となり、少しずつペットとしてのすそ野が広がっております。
こちらが、その『枯山水』であります。安っぽいコロンのにおいと加齢臭をブレンドしているため、実に親父臭が…
(揺)
うわあ。上にまた爆撃でしょうか。ああ。こぼれちゃいましたね。香水。
(唸)
あ。どうしたんでしょう。アンビエントハイエナがうなってますね。
(唸)(唸)(唸)
うわ。そろって唸りだしてますよ。
(吠)(噛)
ああ。だめですったら。その人はご老人ではなくて負傷兵さんですよ。…あ。そうか。
(噛)(食)(噛)(食)
むき出しの傷口に加齢臭の香水。これじゃあ、ハイエナにとってはただのごちそうですものね。
(噛)(食)(噛)(食)
仕方ありませんね。ほとんど食べられちゃってますが、本日の講演はこの辺で終わらせていただきます。ご静聴ありがとうございました。
(噛)(食)(噛)(食)
(噛)(食)(噛)(食)
(噛)(食)(噛)(食)
(噛)(食)(噛)(食)
(噛)(食)(噛)(食)



 

カバラ崎長一郎 
「私立生デザイン学園」学長。
世界各国をめぐっての講演活動の楽しみは,土地土地の素敵な風土病や畸形との出会い。
この冬には,旅情あふれるエッセイ集『世界の病巣から』も発売されるとか。

『生デザイン学園』HPは以下のURL。
http://members.jcom.home.ne.jp/bunkaisya2/niku/top.html



くつした三郎(偽黒田拓)
偽黒田拓
創作ユニット『分解社』企画部長および『くつした企画』企画担当。
 ジプシーローズ連続歌謡ショーの最後を飾る第3弾をペニーレーン24で公演すべく,準備にいそしむにせもの。来てね。

ジプシープロジェクトURL
http://gypsy2007.com/

分解社URL
http://members.jcom.home.ne.jp/bunkaisya/

ソックスチャンネルURL
http://www.sox-ch.com/



| 1 | 2 | 3 | 4 |

vol.24 表紙へ戻る