札幌インタビューマガジン   SIM

vol.24 表紙

各コンテンツ紹介

インタビュー

南参インタビュー

シリーズ

GIGANT RGB

カバラ崎先生講義記録

レビュー

SIM映画レビュー

イベント

北海道インディペント
映像フェスティバル

追悼のざわめき

 

スタッフ・寄稿者

メールマガジン購読・解除

BACKNUMBER

南参インタビュー

北海道インディペンデント映像フェスティバル エントリー募集

北海道の映像制作を応援する目的の映像イベントが来年の2月に実施されます。
作家に上映の場を提供すること。また、北海道から映像を発信していく機会を作ることを目的として行われるもので、応募された作品は全て無審査で上映を行い、審査員から参加全作品に対して審査内容をふくめ講評が行われます。

グランプリ作品は札幌の映画館シアターキノでの上映権を獲得。また全国のミニシアターでの上映の可能性も探るという大盤振る舞いな企画。

現在参加エントリーを募集しています。ジャンルの指定はなし、作品の時間に関してもかなり融通がきく作りとなっています。以下の詳細をお読みになり興味のある方は是非エントリーをお願いいたします。SIMではイベントを常に紹介していく予定です。お楽しみに!

募集要項

応募条件: 北海道在住者、もしくは在住経験者(年齢・国籍は問いません)
■作品について
>>2005年以降に制作された作品に限ります
>>映像ジャンル・作品時間は自由
>>1人3作品、合計2時間まで応募可能(それ以上になる場合は要相談)
>>フォーマットはDVD、8ミリフィルム、16ミリフィルムに限ります
>>作品中に他者の著作物を使用している場合は、それら著作者の許可を
  得ているもの
参 加 費: 1作品につき、2,000円(本フェスティバルの前売券を3枚差し上げます)
応募締切: 2007年12月30日(日曜日)
※作品については1月31日までに必着とします
応募方法:

応募用紙(PDF形式)、参加費、作品の3点を書留で以下に郵送してください。
※応募用紙と参加費は必ずご一緒にお送りください。

〒060-0063
札幌市中央区南3条西6丁目長栄ビル4F
合同会社 屋根裏ネットワーク ATTIC内 HICF実行委員会事務局

お問合せ: 011-676-6886(担当:オノ/カジタ)
cinemattic@a-yaneura.com

フェスティバル実施概要

日程: 2008年2月16日(土)〜17日(日)
会場: ATTIC(札幌市中央区南3西6長栄ビル4F)
料金: 前売 800円/当日 1,000円、 高校生以下:500円

審査員(予定):
麻生栄一(SFFプログラムディレクター)
伊藤隆介(映像作家/北海道教育大学準教授)
中島洋(シアターキノ代表)
早川渉(映画監督)
上映終了後グランプリ発表。審査員から参加全作品に対して審査内容を含め講評をします。
また、参加者の皆さんでの交流会を終了後行う予定です。



vol.24 表紙へ戻る