vol.24 表紙

各コンテンツ紹介

インタビュー

南参インタビュー

シリーズ

GIGANT RGB

カバラ崎先生講義記録

レビュー

SIM映画レビュー

イベント

北海道インディペント
映像フェスティバル

追悼のざわめき

 

スタッフ・寄稿者

メールマガジン購読・解除

BACKNUMBER



今年10周年を迎えた札幌の劇団yhsの代表。その芝居は定評をもって迎えられており、リピーターを数多く呼んでいる札幌の数ある劇団の中でも希有な存在となりつつある。その劇団で脚本・演出、時には出演にこなす南参さんにインタビュー。


札幌で発行しているフリーペーパー「GIGANT」の出張コンテンツとなります。町中でGIGANTを発見しましたら、是非本ページとともにお楽しみいただければと思います。


1ヶ月、初の休載を迎えて、「カバラ崎終わったんですね」という問い合わせが多かった、あいかわらずよくわからないコンテンツ、カバラ崎先生講義記録。終わるわけがないじゃないですか。今回は誰もが抱える漠然とした不安、「老い」さえも楽しんでしまいそうな勢いです。


毎度おなじみ映画レビューです。記憶スケッチは今月お休み。レビュアープロフィールでは「男優がカッコいい映画」を各々語っています。今回はちょっとレビュアー息切れ。よく考えると1ヶ月に映画館で5本観るというのは相当体力が必要な気がしますね。


今年度から行われる北海道で映像を作っている人のためのイベント、北海道インディペント映像フェスティバル。そのエントリーのお知らせを掲載しました。応募全作品上映、グランプリはシアターキノで上映と太っ腹な企画です。是非ご参加ください。


SIMも協力して行っている、上映イベント、cinemattic第3弾のお知らせです。今回上映するのは『追悼のざわめき』。初公開時から18年を経た現在であっても、伝説として語り継がれるようなこの作品、今回デジタルリマスター版として、まさに奇跡とも言えるような上映が決定。

vol.24 表紙へ戻る