札幌インタビューマガジン   SIM

vol.24 表紙

各コンテンツ紹介

インタビュー

南参インタビュー

シリーズ

GIGANT RGB

カバラ崎先生講義記録

レビュー

SIM映画レビュー

イベント

北海道インディペント
映像フェスティバル

追悼のざわめき

 

スタッフ・寄稿者

メールマガジン購読・解除

BACKNUMBER

SIM 映画レビュー

SIM映画レビュー

『題名のない子守唄』  
ジュゼッペ・トルナトーレ
http://www.komoriuta-movie.com/
(2006/イタリア/121分)

『ニュー・シネマ・パラダイス』のトルナトーレの監督最新作。忌まわしい過去を抱えるヒロイン、イレーナの愛と謎に満ちた物語をサスペンスタッチで描く。イタリアのアカデミー賞であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最多12部門にノミネートした話題作。




ずっと集中してみれました。
話が進むにつれて、どんどんいろいろな人の化けの皮が剥がされていく模様がみてておもしろい。映画全体に漂うブキミ感と音楽が非常に合ってて、しゃんとした「映画」をみたなぁという気になりました。
万人が見ても楽しめると思います。




映画の作り方としては、殆ど文句のつけどころがないのでは?良い意味でエンタテインメント、でもしっかり骨太で、怒濤の展開からラストの感動はさすが、お見事!モリコーネ大先生も、これぞ映画音楽!というスコアをぶち込んで、レベルの違いを見せつけられます。主演女優も素晴らしい。
大人の女子に特にお勧めしたい一本。


SIMシネマレビュー 表紙へ戻る

vol.24 表紙へ戻る