vol.17 表紙

各コンテンツ紹介

レポート

ハモニカビル『ご主人様』展

シリーズ

GIGANT RGB

カバラ崎先生講義記録

レビュー

SIM映画レビュー

 

鉄饅頭と憂鬱

スタッフ

メールマガジン購読・解除

BACKNUMBER

 

SIM映画レビュー

ハモニカビル『ご主人様』展
2007.03.03 at SOSO CAFE

アートディレクター藤田直樹とデザイナー小島歌織によるデザインユニット『ハモニカビル』の個展「ご主人様」展がSOSOCAFEで開催された。3月3日の初日はオープニングパーティーが行われ、会場内には「ご主人様」展と言うだけに、場内を数名のメイドがいそいそ給仕するという催し付き。藤田・小島両氏も執事・メイドのコスプレ姿でお出迎え。

今回の作品は、明朝体フォントをバラバラにし、そのパーツひとつひとつを組み合わせてイラストにしたもの。近くで見ると非常に細かい作業で、反転させている部分もあるが殆どひとつひとつ描かれていた。

遠巻きに見ると刺のように見えるのがちょうど明朝体の「留め」の部分にあたる。メイドや執事といった乙女チックさと刺が、程よく毒っぽい。 

「なぜ、メイドなのか」と尋ねたところ、話は、昨年末に約30組のアーティストによって作成されたアートブック『般若心経0-ゼロ-』のデザインを担当したところから始まるとの事。般若心経をより身近なものに、これまで般若心経にふれる機会がなかった若い人や、般若心経からかけ離れた人たちにも興味を持ってほしいと言うことで、般若心経からは遠い存在『メイド』を起用し、好評を得たことから今回の個展開催へとつながった。

小島さん曰く「よりリアリティを」との事で、場内のメイドには全員現役で活躍しているメイド達を起用。デザイン関係の人達のみならずメイドの護衛で来たという男性や、さまざまな客層で場内は溢れ返り、普段の生活ではなかなか仲良くなれない人同士の交流も大変面白かった。室温も湿度も人口密度も高く、とてもとても大盛況なオープニングとなった。



ハモニカビル harmonica bldg.
http://www.h-bldg.com/
札幌在住。ハモニカビルはアートディレクター藤田直樹と、デザイナー小島歌織、男女2人のデザインユニット。2004年に活動開始。SADC新人賞(2005)、ブルノ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレ入選(2005)、ショーモン・ポスター・フェスティバル入選(2005)、トリエンナーレトヤマ(2006) 入選など。

SOSO CAFE(札幌市中央区南1西13三誠ビル1F)
http://www.shift.jp.org/soso/

vol.17 表紙へ戻る