札幌インタビューマガジン   SIM

vol.4 表紙

各コンテンツ紹介

インタビュー

tamas

シリーズ

Our theater 僕らの映画館

short story [ PICNICAMERA ]

カバラ崎先生講演記録

レポート

OLD企画 from N43゜VOLCANO!!

キモカフェ「ブライス×着物」展

レビュー

SIM映画レビュー

 

プレゼント

スタッフ

tamasインタビュー

tamasインタビュー

黒字=コダマさん 赤字=タマテさん

tamasは何を作ってる人達なのでしょう

うちは「キャラクターコンテンツを作ってます」って言ってます。「キャラクターデザイン」って言ってしまうと、キャラクターの絵を描く事だけが仕事と思われてしまいそうで。キャラクターコンテンツという言い方だと、もうちょっと懐が深いと思ってるんだよね。

究極なこと言うとキャラクターって愛だと思うのよ。例えばMac好きな人はMacを子どものように扱うじゃない。そこに人間味を感じてると思うんだよね。例えばテレビはモノじゃないですか。モノだけど、電源を付けたときテレビが何か気の利いたことを喋ってくれたり、画面に目鼻があったらもうちょっと人間味がでるじゃない。そういう人間味の無い物に人間味を作って、人に愛されるものにすることがキャラクターコンテンツだと思う。

キャラクターデザインって言うとグラフィックのみだと受け取らでがちだけど、キャラクターコンテンツということによってもっといろんな表現ができる、というふうに考えてます。そう思っていろんな企画を作っています。

役割分担のようなものはありますか?

彼フォワード。私ディフェンス。ポキート監督。
タマテだけにまかすと、なんか底浅いものができる。僕だけが考えると頭でっかちなものになる。そういう部分でバランスとってるかな。例えば最初タマテが外見だけ作って、なぜそうなのか?なぜここなのか?って考えを上乗せしていくとか。

ポキートとの出会いは?

僕が元々鳥が好きで、昔の名刺に鳥を入れてたんだよね。で、友達に「鳥好きなんだよねー」って話してたらオカメインコいらない?って言われて。オカメインコは飼ったことなかったんだよ。ずっとセキセインコだったから。でもまぁ同じインコでしょ、ちょっとでかいインコでしょ、と思ってたらでけーっ!って(笑)しかも鳴き声もこんなにうるさいの?って思って。

ポキートが代表になったいきさつは?

偉いんだよね、彼は。肩とか頭の上とか乗ったり。常に邪魔するんだよね。代表は邪魔する生き物。
「おまえ頑張ってるか?」とか言って肩揉むかんじ?

だれかが「うちの会社の社長って一生懸命に仕事してるときに限ってがんばってるかー?と肩もみしにくる。ほんと邪魔。」って言ってて、「あ!それうちのポキートだ!」って。それで調べてみたら代表っていう役職は法的にはない役職だから人間じゃなくてもいいってことがわかったのよ。じゃあポキート代表就任可能じゃない!、って。そんな訳で代表なんです。




次のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | vol.4表紙へ