札幌インタビューマガジン   SIM

vol.3 表紙

各コンテンツ紹介

インタビュー

島田英二 (映画監督/maxcoreroom)

シリーズ

駅裏8号倉庫とはなんだったのか

Our theater 僕らの映画館

photo session [ cor ]

小説 [ PICNICAMERA ]

カバラ崎先生講演記録

サイトについて

ABOUT

BACKNUMBER

STAFF

MESSAGE

LINK

ninococoon藤原幾

映像制作を始めたきっかけを教えてください

小学生くらいからずっと撮りたかったんだよね。大学1年の時に初めてハイエイトのビデオカメラ買ったの。旅行の時持っていって清水寺撮ったりしたら面白れえ!ってなったの。
その後、大学院1年くらいの時にMTVのステーションIDコンテストっていうのがあって、それに応募するため作ってみた。その時はデジエイトっていう規格でハイエイトテープにデジタル記録できてパソコンにも取り込めるのを買ったの。そこから編集ができるようになったからちょっと変わったよね。失敗してもテイク2とかあるし。もうちょっと意図を加えて作れるようにはなったね。
それから南カリフォルニア大学のワークショップを受けるんだけど、「応募要項に脚本と映像作品作って提出してください」ってあって、時間がなかったから、有りもの素材でストーリー作った。それが一番最初かな。

その頃から映像作家になるという意志で行動してたんですか

もともと映像やりたかったけど北海道ではやれる所がないじゃない。理系だったし。日本で映画やるっていったら文系なんだよね。少なくとも僕の時代はそうだった。困って親に相談したりして、とりあえず能力は活かせるところってことで大学入ったんだけど1年の時にはもうやめたかったねー。「やっぱだめだ!時間が浪費される!」とか思ってた。でも建築の勉強は面白かったね。
大学の後半はほとんどの課題を勝手に置き換えてた。普通の課題が出るんだけど、それじゃ面白くないから勝手にミックスしてた。そういうのないのかなーと思って調べてたら「映画の中の現代建築」っていうのとかあって、中間のトピックってあるんだよね。
カリフォルニア行った時もそこまで先は見えてないよね。いいものを出来る範囲で作って、結局出口は映画祭とかしかないから、出品して測るってかんじ。2001年にアメリカンショートショートフィルムフェスティバルのジャパンショートショートというのが丁度始まって、それに入選したの。
せっかく受かったんだから味わいつくそうと思って、東京やシンガポール行ったりしてた。でもその時はまだ就職活動とかしてたしね。2次面接受ける日程が、シンガポールとかぶったりして、どうしようと思ったんだけど、色んな人に相談した結果シンガポールに映画監督島田英二として行けるのは今しかないよなと。



次のページへ  | 1 | 2 | 3 | 4 |