表紙

各コンテンツ紹介

今井香織インタビュー

cor

ミドリウムデザインインタビュー

駅裏8号倉庫とは何だったのか

札幌公園百景

サイトオープンにあたって



現在のお仕事を始めるきっかけを教えてください

大学を卒業したらまずは就職しようと考えていました。もともとデザインやファッション、映画や音楽、格好いいものが好きだったので、そういうものが作れる人になれるといいな、と思ったの。電子機器とかもすごく好きなのでMacも使いこなせるようになりたかった。それができるところといったら広告会社かな?と思ったんです。

実際働いてみてどうでしたか

やるからには3年は頑張ろうと思ったんです。その間は自分の作品は作れなくてもいいからMacを使いこなせるようになって、学べるとこ一杯学んで。それらができるようになったら独立してSOHOやろうっていう計画で入社しました。
ほんとに貴重な4年ちょっとを過ごしました。すごく辛かったんですが、集中して勉強する修行の毎日でした。あの頃があるから今の私があるんだと思います。

パソコンも会社で覚えました。ソフト使うだけじゃなく中身も知らなくちゃいけないから、サポートの人たちが来たら隣に座って全部メモってたんですよ。だから今すごい楽ですね。

会社は吸収できるものを吸収しつくしちゃったから辞めたんですけど、会社にいて疑問を感じる事がいっぱいありました。色んなことを要求されて色んな分野をやってみて、それで初めて、じゃあ自分のやっているデザインは果たしてどうなのか?そうやって自分を客観視する。それをしないで言われたことだけをやるオペレーター的なデザイナーが実に多いなあって。デザイナーと言いつつも、ファッションや音楽、映画、建築など、常にアンテナを張って幅広い興味を持っている人は少ないと思います。そんな中から抜け出したかったのかもしれませんね。

[ elephant ] 2003
[ dessin ] 2003

作品を見ると様々なタッチがありますね

アナログの部分もあればデジタルの部分もあって、両方好きです。商業デザインをすることも好きだけど、スイッチを切り替えてアナログ作品を篭もってやるのもたまらなく好き。アートとデザインは違うから。

デザイン=商業デザインなので、それをやる時は社会人になっちゃうんですよ。予算と時間を頭の中で思いっきり計算している自分がいるんです。

そういうのに疲れると1日なんにもしないでダラダラしたり、そうかと思えば突然絵を描いたり立体を作ったり。そうやって2つの世界を行ったり来たりしているような状態です。

デザインをやっている時でも教育大の時の経験がすごい生きています。計算してるんだけども如何にそれを頭で考えないで直感で手で動かすかっていう、ああいう訓練て教育大の時にすごい養われた気がするんですよ。ポッと未完成で確定してないアーティスティックな要素を突然、目指せ完璧志向!のデザインの中に入れると、みんなざわざわざわってするの。そういう風になるのね。そういうときに「しめた!」と思います。

DM [ ouchi ] 2004
DM & TICKET [ FORTUNA ] 2005

 

次のページへ  | 1 | 2 | 3 |